リプロスキンで悪化したのはなぜ?

リプロスキンで悪化したのはなぜ?

リプロスキンは使い方に注意

リプロスキンは高い効果が得られるため、使い方によっては悪化する恐れがあります。
ニキビや赤みを取ってくれる成分があるため、使いすぎると肌に余計な負担をかけてしまいます。

 

リプロスキンの中に入っている、ピーリング効果のあるスクワランは角質を薄くしてくれる効果があります。

 

適正回数だけ使えば問題ありませんが、早く効果を得ようと1日に何度も使いすぎると必要以上に角質を取り除いてしまいます。

 

角質は詰まっていると汚くなりますが、外部の刺激から肌を守る大切な役割があります。
朝晩の1日2回が適切です。

 

肌が弱い人には、リプロスキンは効果が強すぎる場合もあります。
敏感肌でも使える人もいますが、敏感すぎると刺激を感じることもあります。

 

パッチテストを行って使うのがいいかもしれません。
敏感肌の人は、ニキビに効果が得られるものを使う前に、自分の肌に負担をかけないものを使うのがいいでしょう。

 

今できているニキビも、肌が刺激を感じてできているものです。
ニキビに焦点を当てる前に、肌を潤わせて整えるところに焦点を向けましょう。

 

 

 

悪化は一時的な場合もある!

リプロスキンを使っていると、肌がヒリヒリしたり、人によっては赤みが生じたりする場合もあります。
そのような状態になると、肌が悪化したように感じられるでしょう。

 

しかし、実はこの反応は肌がいい方向に向かっている証拠なのです。
「好転反応」と言われるものがあり、肌がよくなる前には悪いものを一気に排出しなければなりません。

 

それを排出している時、一時的に肌への負担が大きくなります。
その状態を見て、悪化していると勘違いする人が多いのです。

 

実際は、その期間を乗り越えるとニキビがなくなったり、美白になったりと、肌が良くなっていきます。
特にリプロスキンには、ターンオーバーを促進させる効果もあります。

 

ニキビやニキビ跡が治るのも、実はターンオーバーを促進させているからなのです。
肌の生まれ変わるスピードが早くなっているので、急激に肌の中にある悪いものが外に出ようとするのです。

 

ニキビができるのも、肌の中の悪いものを排出しているからなのです。
そのことを知れば、一時的な悪化も落ち着いて経過を待てるでしょう。

 

リプロスキンでは、短期的な効果を求めてはいけません。
良くなるまでに時間がかかると気長に待つようにしましょう。

 

ただし、敏感肌の人は刺激が強すぎて使えない場合もあるので、不安な人は医師に相談するのも一つの手です。

 

⇒【今だけ!】リプロスキン公式サイト限定豪華特典キャンペーン開催中!


page top